HOME>住まいと福祉のタック>住まいと福祉のタック

シニアの暮らしに活かせる

保健師・社会福祉士・主任介護支援専門員などのスキルを持った職員が相談に応じる役所では、高齢者福祉情報も提供していて、シニアの面々も気軽に区役所にて収集できます。シニアでの不安は、“要介護”状態などにならないための生活が上げられており、だからこそその活動を応援するのが、福祉住環境コーディネーターです。特に応援に熱が入るのは『オネストアーク株式会社』で、葛飾区青戸にてバリアフリー住宅の新築・リフォームの際の相談、コーディネートを担ってくれています。代表取締役も葛飾区生まれ、地元密着型だからこそ、誠実さ一本で活動に邁進しています。二級福祉住環境コーディネーター免許も取得しているインテリアコーディネーターもいます。センスやデザインの腕も大事ですが、福祉用具・家具の選択や利用法のアドバイスができる、こうした専門知識を身につけていることが大事なようです。大がかりなものを取り入れなくても、少し意識した工夫を加えれば、より暮らしやすくなる話も耳にします。コチラでは、ケアマネージャーとも連携して活動してくれるので、シニアの面々には心強いサポーターです。例えば、握る力が弱いなら押すだけ、こうした提案をしたり、健康寿命を延ばす建材にこだわることも担います。シニアの面々だけでなく、二世帯住宅を断てるなど、その家族にも応えられる活動が話題です。

詳細を読む